ひきこもり・ニート・生活保護な私(ヒポ)の孤独死まっしぐらな日常等を綴ってます。

いつもありがとうございます。ヒポです( ^ω^ )


最近はひきこもり克服のために、誘われたらとりあえず引き受けることにしている。

そのためか、私生活が若干忙しくなりつつあり、

恐らく来年の2月までいろいろとバタバタして、

記事も今回のような、簡単なものしか上げられない事が続くかもしれない。

申し訳ない... 

いやー…本当に要領が悪くて...(´;ω;`)

たぶん普通の人なら30分で終わる事でも、私の場合は2時間とか3時間かかってしまうので、

なんとか自分に合う要領の良いやり方を現在模索中…(;´∀`) 

コメントの返信もほぼ同じ理由で、いつも遅い...

申し訳ない... orz


話変わって、

一応、ご報告としては、図書館で予約した生活保護関連の本を、全て借りることが出来た!

IMG_0523

・生活保護手帳 2017年版
・生活保護ハンドブック
・生活保護手帳の読み方・使い方
・生活保護ケースワーク支援の基本

合わせて4冊。

秘密兵器が4つに増えた!٩(^‿^)۶ イェーイ!

どれも面白くて、とても為になる本ばかり。

これらを基に記事をたくさん書き上げたら最高なんだけどね...

書きたい事はいっぱいあるけど、相変わらず実力が追い付かず...。(^◇^;) 

思ってる事を文字や絵にして伝える難しさを日々痛感してる。(´·ω·`) 


ちなみに、「生活保護ケースワーク支援の基本」の本は (パラパラ読んだ感じだけど) 本当にケースワーカーさんの支援に関する事しか書かれてないので、生活保護受給者にとってはあまり有益な情報は載ってないけど、生活保護をケースワーカーさんの視点から見れてとても面白い。


例えば、
引き継いだ世帯

(問) 担当地区変更で新たに担当となった利用者へのケースワークの展開について、前任者の方針と違い過ぎても利用者への負担になってしまうのではないかと悩むことが多いです。どのように自分のケースワークを展開していけばよいのでしょうか。

(答) CW同様に担当交代は利用者にとっても大きな心理的な負担になっています。CWとしてはその心理を理解して、支援の継続性を尊重しつつも、新たな目で当該世帯のニーズの発見に努め、必要に応じて支援方針を見直すことも必要となります。


...と、ケースワーカーさんの苦悩や悩みを垣間見る事が出来て、ついついシンパシーを感じてしまう。

こちらの本の著者である吉永純さんが書かれている生活保護関連の本はとても簡潔で読みやすく、割と生活保護受給者に寄り添った内容となっているのでとてもおすすめ。



あわせて読みたい↓







本当、要領良く生きるヒントを下さい!

自己啓発か!(笑)


以上、相変わらず余裕のないヒポでした٩( ᐛ )و



生活保護の話
見る? |∀・)+




★11月26日のランキング - 2位



○●○●○●○●○●○●○●○●○

2つのランキングに登録してます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

両方ポチ☆お願いします。\\٩( 'ω' )و //

○●○●○●○●○●○●○●○●○