ひきこもり・ニート・生活保護な私(ヒポ)の孤独死まっしぐらな日常等を綴ってます。

いつもありがとうございます。ヒポです( ^ω^ )


こちらは、絵の才能も経験もないド下手な人がただ絵日記が好きで頑張って描いたものです。
詳しくは、
【絵日記】経験ないけど、絵日記なんて楽勝やろ! (`・∀・´) ヒポを描いてみた


今回も頑張って描いたよ、絵日記!٩(^‿^)۶

誰得とか言わないでwww



世帯の人が出生によって、増えた場合、届け出が必要です。
1582342345165


生活保護を受けている間は、世帯の収入や世帯員の状況の変化があったときは、福祉事務所に速やかに正しく届け出る義務がある。


生活保護法 第61条

被保護者は、収入、支出その他生計の状況について変動があつたとき、又は居住地若しくは世帯の構成に異動があつたときは、すみやかに、保護の実施機関又は福祉事務所長にその旨を届け出なければならない。

(届出の義務)



これらを怠ったり、虚偽の届け出を行おこなって生活保護を受けた場合には不正受給になる。


・不正受給をするととうなるのか…



不正受給にならないためにも、生活保護を受けようとする場合や受けている場合には、資産の保有状況のほか、世帯に収入があった時や世帯の状況に変化があった時などには、すみやかに正しく届け出をしましょう!


あわせて読みたい↓



※ あくまでも個人で、本やネットで調べた情報なので、間違ってるところもあるかも知れません。気になる方は念のため、担当ケースワーカーさんか然るべきところに相談なり確認なりしてください。また、間違ってるところがありましたら、ご指摘ください。


出生の話で、妊産婦死亡率について触れるのはなんだか申し訳ないけど…

ちょうど、CNNでやっていたので、すみません、触れさせていただく。

ちなみに、実際の記事↓ (英文。和訳記事を探してみたけど、見つけることができなかった)



たぶん一番近い内容がこちら↓



出産時に死亡する女性の数は世界的に減少傾向にあるが、米国では上昇している。現在では1987年に比べて2倍に増え、毎年800人近い妊産婦が死亡している。

米国では、妊産婦の死亡率が上昇しているらしい!

これはかなり驚きだね!

通常は医療技術の進歩に伴い下がるものだよね。

原因は人種差別らしいけど、

医療制度も関係していると思うんだよね。


ちなみに、日本の妊産婦死亡率は 「3.4 %」 らしい。(Wikiより)



コロナウィルスの致死率 (死亡率?) は 「2%」と言われているので、




出産における死亡リスクの高さが伺える。

ま、単純な比較はもちろんできないけど…。

でも、やっぱりお産には常にリスクはつきものである。


今は少子化で女性に対して

『子供を産め産め』

と簡単に言うけど、出産には必ず死亡のリスクが伴うことを忘れてはいけない。

決して簡単なものではない。

出産はいつだって、命がけなのである。

これだけは、どんなに医療技術が進歩しても変わらない。


ちなみに、タツノオトシゴ はオスが子どもを産む唯一の動物らしい…。


これもCNNで見た情報!(隙あらば意識高いアピール!笑)


つまり今回の話をまとめると…

・タツノオトシゴはかわいい

・ヒポの意識高い系アピールがウザイ

…ということだね(^_-)☆

1582346132336

----------

さて、

今回は頑張って午前中に記事を書き上げてみました。

出来について、皆さんはどう思いましたか…?

普段と違うと感じますか…?

変わらない感じですか?

個人的には結構いい感じに書き上げたと思うんですけどね…。

やっぱり時間に追われてない状態で記事を書いた方がいい気がしますね… (*´∇`*)


ちなみに、昨日は午前2時に寝て今日は朝の7時に起きましたぁ!

5時間も寝れましたぁ!

5時間も寝れましたぁ!( •̀∀•́ ) ✧ドヤ

すごいや!☆⌒(*^∇゜)v



以上、隙あらば寝てないアピールの地獄のヒポからでした٩( ᐛ )و



生活保護の話
見る? |∀・)+



生活保護
絵日記



絵日記
見る? |∀・)+



○●○●○●○●○●○●○●○●○

2つのランキングに登録してます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


にほんブログ村 にほんブログ村へ





両方ポチッとして頂けると更新の励みになります。\\٩( 'ω' )و //

○●○●○●○●○●○●○●○●○


ヒポ (管理人)

2014年に生活保護を受給したを機に生活保護の制度自体に興味を持ち、2017年には、行政書士試験に合格するまでに知識を深めることが出来ました。
現在は、社会復帰を目指しつつ、実体験を交えながら、生活保護をはじめ福祉について、幅広く情報発信をしています。

より詳しいプロフィールを見る