ひきこもり・ニート・生活保護な私(ヒポ)の孤独死まっしぐらな日常等を綴ってます。

いつもありがとうございます。ヒポです( ^ω^ )


ネットサーフィンをしてたら、喘息に関するとても興味深い記事を見つけた。

紹介したいなと思って、和訳記事を検索してみたけど、出て来なかった。

まだ誰も和訳してないみたいなので、今日は、せっかくなので、和訳にも挑戦してみた。


※ 学 (特に医療知識) もないし、日本語が不自由なので、間違っているところありましたら申し訳ありません;また、間違っているところありましたら、是非ご指摘ください。

1582862027253


----------

【原文】
Caspase-11 Protein Responsible For Causing Asthma, Research Finds

【ヒポ直訳】
最近の研究により、喘息の原因がタンパク質「カスパーゼ-11」であることが明らかとなった。


※注意
タイトルは上記のとおりだけど、記事の内容を読むと、喘息の原因がタンパク質「カスパーゼ-11」にあるかも知れないとなっている。

----------

【原文】
KEY POINTS

・Study: Caspase-11 causes the lungs to inflame causing asthma

・The protein has never been blamed for causing the disease

・Drugs that can target the protein may cure the disease


【ヒポ訳】
キーポイント

・研究結果:カスパーゼ-11は肺に炎症を起こし、喘息を引き起こす。

・このタンパク質は、今まで喘息を引き起こす原因とされたことはない。

・このタンパク質を狙い撃ちする薬で喘息を治すことが出来るかも知れない。

----------

【原文】
Caspase-11 is a protein with an important role in defending against bacteria, but the team in Trinity has found that when it is over-active it can provoke a damaging inflammatory reaction. When this happens, it is likely to be a key driver of allergic inflammation in the lungs of asthmatics.

【ヒポ訳】
カスパーゼ-11は、細菌に対する防御に重要な役割を持つタンパク質だが、Trinityの研究チームは、活性が過剰になると、炎症反応を引き起こす可能性があることを発見した。これが起こると、喘息患者の肺のアレルギー性炎症の主な原因となる可能性がある。

----------


・参考リンク

Caspase-11 Protein Responsible For Causing Asthma, Research Finds』 - International Business Times




「Trinity College Dublin」の研究チームが、学術雑誌の「ネイチャー コミュニケーションズ」にこの発見を発表した。

実際の論文↓
『Caspase-11 promotes allergic airway inflammation』
https://www.nature.com/articles/s41467-020-14945-2.pdf



以上、チャレンジ精神のヒポからでした٩( ᐛ )و



○●○●○●○●○●○●○●○●○

2つのランキングに登録してます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


にほんブログ村 にほんブログ村へ





両方ポチッとして頂けると更新の励みになります。\\٩( 'ω' )و //

○●○●○●○●○●○●○●○●○



ヒポ (管理人)

2014年に生活保護を受給したを機に生活保護の制度自体に興味を持ち、2017年には、行政書士試験に合格するまでに知識を深めることが出来ました。
現在は、社会復帰を目指しつつ、実体験を交えながら、生活保護をはじめ福祉について、幅広く情報発信をしています。

より詳しいプロフィールを見る