ひきこもり・ニート・生活保護な私(ヒポ)の孤独死まっしぐらな日常等を綴ってます。

face

いつもありがとうございます。ヒポです。

今回は生活保護と土地の処分について書いてます。





gimu8-1


gimu8-2




face

生活保護受給中に土地を処分し代金を受け取った場合、代金は収入認定されて、その分を差し引いて保護費が支給されます。

face

正しく申告すると、控除や収入認定されない場合もあります。

生活保護受給者には、その利用し得る資産を積極的に活用する義務があります。

生活保護法 第4条

保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる。

(保護の補足性)

また、生活保護を受けている間は、世帯の収入や世帯員の状況の変化があったときは、福祉事務所に速やかに正しく届け出る義務があります。

生活保護法 第61条

被保護者は、収入、支出その他生計の状況について変動があつたとき、又は居住地若しくは世帯の構成に異動があつたときは、すみやかに、保護の実施機関又は福祉事務所長にその旨を届け出なければならない。

(届出の義務)

生活状況などの変化の届け出が遅れたり、不正な手段を使って生活保護を受けたりした場合は、不正受給となり、いったん支給した保護費(医療費などを含む)を返還する必要があります。

生活保護法 第78条

不実の申請その他不正な手段により保護を受け、又は他人をして受けさせた者があるときは、保護費を支弁した都道府県又は市町村の長は、その費用の全部又は一部を、その者から徴収することができる。

(費用の徴収)

また、生活保護法第85条又は刑法の規定によって処罰されることがあります。

生活保護法 第85条

不実の申請その他不正な手段により保護を受け、又は他人をして受けさせた者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。ただし、刑法に正条があるときは、刑法による。

(保護の補足性)

保護の受給中は、どのような場合に生活保護に影響があるのか、地区担当員に確認するとともに、認識の違いがないよう事前に相談してください。


あわせて読みたい↓


※ あくまでも個人で、本やネットで調べた情報なので、間違ってるところもあるかも知れません。気になる方は念のため、担当ケースワーカーさんか然るべきところに相談なり確認なりしてください。また、間違ってるところがありましたら、ご指摘ください。


コメント返信 記事を見る

指定(有料)ゴミ袋に関しては、対応がまちまちみたいですね。
従来はレジ袋やポリ袋(つまり無料)で排出可能が、有料(指定ゴミ袋)に変更になるタイミングで
生活保護者には現物支給ルールが制定というパターンが多いように感じます。
(当地では申請により低所得世帯の幼児オムツと高齢者の介護オムツ排出費用助成としても、年度毎に現物支給されるようです)
指定ゴミ袋=ごみ処理料なので、自治体によっても料金設定が異なります。
指定ゴミ袋が袋代程度の比較的低料金ならば、支給の必要がないと判断されているのかもしれませんね。
わたしのとこでは指定ゴミ袋はお高めなので、自己負担は地味に痛いです。

コメントをありがとうございます。

なるほどですね!w(゚o゚)w 
有料ゴミ袋の支給はやっぱり自治体によって異なるんですね...!

自己負担はたしかに地味痛いですね…!(;´∀`)

今回は有料ゴミ袋について詳しく書いてくれてありがとうございました!
大変参考になりました!




今日はざっくりこんな感じ↓

就寝時間
5時

起床時間
12

食事
1食

外出

運動

体調
普通


smile

うーん、三日坊主に終わってしまった...!



昨日はシャワーを浴びる時間がかなり遅く(午前3時w)、

そのため寝る時間も遅くなってしまった。
st_20200906134535

そして、起きるのも遅くなってしまった…!

(あと、カーテンをちょっとだけ開けるのをすっかり忘れてしまったのもあるけどw)

うーん、せっかくいい感じに安定してきたのに...!

ま、今日からまた頑張って早寝して、明日早起きできるようにしたい...!


ちなみに、

今日は買い物してきた...!
st2_20201123101231

久しぶりに外出した気がする...!

風が強くてびっくりした!笑



以上、ヒポからでした٩( ᐛ )و




生活保護の話
見る? |∀・)+



生活保護
絵日記



絵日記
見る? |∀・)+




2つのランキングに登録してます。
両方ポチッとして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村 にほんブログ村へ






ヒポ (管理人)

2014年に生活保護を受給したを機に生活保護の制度自体に興味を持ち、2017年には、行政書士試験に合格するまでに知識を深めることが出来ました。
現在は、社会復帰を目指しつつ、実体験を交えながら、生活保護をはじめ福祉について、幅広く情報発信をしています。

より詳しいプロフィールを見る